Pocket

ADHDタイプの大人のための時間管理(認知行動療法)の感想になります。

このプログラムは、全8回のプログラムになります。以下、感想になります。

 

感想

時間管理に対する問題意識は中高生の頃からあったものの、具体的な解決策を考えることが出来ず、これまで何度となく挫折してきました。
そのため、心のどこかであきらめてしまっていて、自分の「変わる力」を信じることが出来なくなっていました。

こうした理由から、プログラムが進んでもしばらくは問題に向き合うことから逃げていたように思います。

しかし後半戦に突入した頃、このままではいけないと思い直し、もう一度テキストを通読。これまで先生と話し合って辿り着いた「私に合いそうな方法」をひとつひとつ試してみました。

すると、失敗や成功を通して自分に必要なことが見えてきました。

・課題を一度にこなそうとせず、まずは小分けにして少しずつ取り組むこと。
・締切を守るために、手前に独自の中間締切を設けること。
・タイムスケジュールは時間を単純に分割するだけでなく、自分の体力気力の限界を知った上で計画すること。
・自分の弱点を悲観せず、事実として淡々と対処(フォロー)すること。
・自分の特性や相手の特性を知って、それを活かすようにして工夫すること。
・何かに取り組む前に、相応の準備すること。(○○したいといくら強く思っていても具体的に行動を変えないと変わることはない)
・計画を振り返って反省すること。失敗したらこれまでのやり方を見直すこと。
・誰にも分かってもらえない困難は1人で抱えず、同じ悩みのある人を探してみること。(みんなで話し合えば、いいアイディアが浮かぶかもしれない)

このようにやるべきことは山ほど見えても、まだまだ実行出来るようになったわけではありません。

しかし、漠然としていた悩みが課題としてクリアな形で現れたことは、私にとって大きな進歩でした。

また、課題と出会った時にどういう手順を踏んで対処していったらいいか、その型を学ぶことが出来たと思います。

最後に、課題が出来た週もそうでない週も、毎回振り返ることが出来る場所があるということがとても心強かったです。

12月から2月半。時間管理について御指導頂き、本当にありがとうございました。

Pocket