Pocket

皆さんは、何のために病気を治療しようと思っていますか?

今が苦しいからでしょうか? それとも、家族のためでしょうか?

病気が治って、その後はどうしたいですか?


病気を治療し始めた時は、「今の苦しさから逃れたい」というモチベーションが多いと思います。

こんなに手洗いや確認に時間をとる生活は嫌だ。バスにも電車にも乗れない生活は嫌だ。いつの間にか、リストカットしてしまう生活は嫌だ。フラッシュバックが起こって辛い生活は嫌だ。こんな「嫌だ」という感情が、治療へのモチベーションに繋がることが多い気がします。

 

一方、治療がある程度進んでくると、このモチベーションでは良くならないのです。

 

「治ったら何がしたいか?」「どんな生活をしているか?」 を考えてみてください。

そうした時、10年後は、どうなっているといいでしょうか? では、5年後は? 1年後は?

来月は? 来週は? と考えてみてください。

 

そうしていくうちに、明日の目標、今日の目標が見えてきます。

 強迫症や、PTSD、パニック障害などの不安障害などは、必ず改善します。治療に希望を持って取り組んでいきましょう。

 

ad_sonota

Pocket

カテゴリー: 雑感

関連記事

雑感

絵本:ラチとらいおん

「ラチとらいおん」  この本は、私の治療を受けた方に教えてもらった本で 続きを読む …

認知行動療法

症状のチェック・評価に用いるもの

現在、私が面接でよく使っている心理検査(症状評価・スクリーニング)にな 続きを読む …

強迫症(強迫性障害)

強迫性障害の不思議なところ

不安・嫌悪の刺激に対して感受性が高い 強迫性障害の方は、社交不安障害や 続きを読む …