Pocket

41mPEhct4yL._SY322_BO1,204,203,200_

ラチとらいおん

 この本は、私の治療を受けた方に教えてもらった本です。

 この本の主人公のラチは、とても弱虫な人間です。そんなラチのもとに、らいおんがやってきます。らいおんは、ラチを特訓して、ラチはどんどん強くなっていきます。

 そして、らいおんと一緒に入れば、今まで怖くてできなかったことができるようになっていきます。

 しかし、ラチが十分に強くなったと思った時、らいおんは既にラチのもとにはいなかったのでした。

 この本に出てくる「らいおん」は、とても認知行動療法の治療者の役割と重なります。

 主人公を特訓して、いつの間にかできなかったことができるようになっている。

 しかし、そこには既にらいおんはおらず、自分の力で怖さとたちむかっているのです。

ad_sonota

Pocket

カテゴリー: 雑感

関連記事

認知行動療法

症状のチェック・評価に用いるもの

現在、私が面接でよく使っている心理検査(症状評価・スクリーニング)にな 続きを読む …

強迫症(強迫性障害)

強迫性障害の不思議なところ

不安・嫌悪の刺激に対して感受性が高い 強迫性障害の方は、社交不安障害や 続きを読む …

雑感

病をあきらめるということ

恐らく、多くの人が苦しみを取り除きたい、症状をなくしたいと思うと思いま 続きを読む …