Pocket

パニック障害の治療にもマインドフルネスは大切な視点です。

パニック障害の方は、性格的に結果を急ぎすぎる、頑張り屋さんなタイプが多いと言われています。

結果を急いでしまうということは、ある感情を感じたらすぐに行動をおこしてしまうということです。

 

一つの説明としては、パニック発作が起こった時に逃げられるように、

常に先を読みながら行動しているため、このような習慣が身についてきているのではないか?とも言われます。

 

マインドフルネスは、ある感情を感じたら、その感情を処理していかずに観察していくことです。

問題解決をしようと、感情を処理し、行動を起こすのではなく、

今、自分の中にこのような感情があるのだと、処理をせずに眺めていくことが大切です。

Pocket

関連記事

認知行動療法

マインドフルネスな生き方

マインドフルネスという言葉は、いまとても流行っています。ここでは、私が 続きを読む …

認知行動療法

パニック障害の症状_ビデオ

パニック障害の概論的な説明です。  

マインドフルネス

過去を思い出すマインドフルネスのワーク

これは、一つのマインドフルネスのワークとして思案するものです。 &nb 続きを読む …