Pocket

マインドフルネスを実践していくためには、毎日マインドフルネス瞑想をしていくことが良いです。

毎日、マインドフルネス瞑想をしなくても、道を歩いている時、電車を待っているときなど、ちょっとした時間に実践をしていくととても効果的です。

定期的に行っていけば、自分の調子の善し悪しにすぐ気がつくようになります。

 

今の自分のニュートラルな状態というのは、たくさんの瞑想経験の中で段々と分かってくるものです。

ニュートラルな状態が分かると、「今日は、少し気になることを考えている」などに気が付きやすくなります。

このニュートラルな状態は、「アンカー(碇)をおろす」とも表現されます。

 

Pocket

カテゴリー: マインドフルネス

関連記事

認知行動療法

マインドフルネスな生き方

マインドフルネスという言葉は、いまとても流行っています。ここでは、私が 続きを読む …

マインドフルネス

過去を思い出すマインドフルネスのワーク

これは、一つのマインドフルネスのワークとして思案するものです。 &nb 続きを読む …

マインドフルネス

マインドフルネスの感覚

マインドフルネスは、非常に説明しづらいものです。基本的には、「自分の心 続きを読む …