Pocket

ブログの読者の皆様

あけましておめでとうございます。

 

昨年は、このブログの立ち上げ等で、ドタバタした年でした。

実際に、このようなブログで情報発信をはじめて、色々な方と出会い、とても新鮮でした。

 

強迫性障害に関しては、まだまだ認知行動療法(曝露反応妨害法)が普及していないという感じもありましたし、まれな強迫性障害の方は適切な治療に繋がっていないという方もいました。

認知行動療法を知っていながらも、本人がなかなか勇気がもてずに、家族が苦しんでいる場合もとても多いのだと改めて感じました。

 

パニック障害に関しては、実はかなり認知行動療法やマインドフルネスまでたどり着けていない方も多くいるのだと感じました。

パニック障害は、薬物療法もかなりウェイトが高いので、認知行動療法・マインドフルネスだけでよくなるわけではありませんが、その症状をよく知りながら対処していくことで、改善していくと感じます。

 

PTSDについては、本当にPE療法(認知行動療法)やEMDRを知らないで苦しんでいる方、精神科医療にすら繋がっていないかた(特に性被害)が多いと感じた年でした。

虐待、DV暴露などのトラウマについてもそうです。これらのトラウマの影響で自分が苦しんでいるのだと気がつくのに、大分時間がかかるのだという声が多く寄せられました。

また、配偶者間や合意のないレイプを模したプレイ等でのトラウマも見過ごせないトラウマだと感じます。

 

社交不安障害の方も、潜在的にはかなり多いのだと感じました。ただ、これは「あがり症」という性格の問題だと片付けられていて、(もしくは、そのような認識が広まっていて)なかなか治療につながらないのだと感じました。

 

解離性障害に関しては、専門とされている方が本当に少ないので、どうしていいのか分からないと悩んでおられる方が多いように感じられました。

 

その他、醜形恐怖症、皮膚むしり症、抜毛症、嘔吐恐怖症も非常にニーズが高いということが分かりました。これらは、本当に支援をしている方が少ないです。

 

また、このような形での情報発信を続けていこうと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

Pocket

カテゴリー: お知らせ