Pocket

カウンセリングは、現状、ある程度のお金がかかります。
これはしょうがない事実です。

私が考えるお金を払ってでもやった方がよいと思うものがあります。

その筆頭は、暴露儀式妨害法です。
暴露儀式妨害法は、自分で行うこともできます。認知行動療法の本も沢山出ています。
自分で暴露儀式妨害法をやるメリットとセラピストと暴露儀式妨害法をやるメリットを考えてみましょう。

◯自分でやるメリット
・お金がかからない (ただし、書籍等は購入する必要があるかもしれない)
・時間を選ばない

◯自分でやるデメリット
・自学自習が求められる。
・自分がやっている方法が正しいかどうか分からない

◯専門家とやるメリット
・細かくアセスメントしてくれる
・正しい方法、自分にあった方法を提供してくれる

◯専門家とやるデメリット
・お金がかかる
・時間等の制約がある

というものでしょう。
この細かくアセスメントするというものが非常に大きい部分です。

まず、面接をしてておもうのは、当事者の多くの方は、自分で自分の症状を把握しておられない方が多いです。もちろん、把握している方もおられます。

症状が把握できないと、適切な暴露儀式妨害法ができません。適切な暴露儀式妨害法ができないと改善しないかもしれません。

強迫性障害に対する難治性は論文に沢山書いていますが、実際の臨床での治療上の問題は、暴露儀式妨害法が効くかどうかではなく、治療を継続できるか? と 適切な露儀式妨害法をやっているかにかかっています。

過去の記事でも暴露儀式妨害法をやっても改善しない場合というのが幾つかありますが、おおよそどれかにあたります。

参考:暴露しているはずなのによくならない理由:消極的な暴露と積極的な暴露

また回避が多くて、実は暴露しているのに暴露されていない場合もあります。症状は、必ず刺激、強迫観念、強迫行為、回避行動のセットで把握する必要があります。

参考:強迫性障害・不安障害の症状の把握の方法

このアセスメントが不十分であると、うまく行きません。

また、不安階層表の頂点であるcore fearを把握しておらず暴露に失敗している場合も多いです。

参考:強迫性障害の治療:なぜ、不安階層表を作るのか?

また、自分で症状だと気付いておられないものもあります。例えば、トイレだけが不潔の対象だと思っていても、実際に様々な刺激に触れさせてみると、できないということがあります。

これも意外に多いです。外にも職場だけで強迫行為が起るんですとか言われますが、そういうことはほぼほぼありません。

このアセスメントの技術と言うのは、認知行動療法を専門的にやっておられる方は、きっと全員細かくやっておられると思います。

私は、メールアドレスも公開しているので、よく相談のメールを頂きます。少ない情報からお返事を差し上げていますが、残念ながら症状を細かく聞いていないので、一般的な内容でしかお返事を差し上げられません。

例えば、洗浄強迫についての質問が来たとして、洗浄強迫に関する一般的なお返事はかけますが、洗浄強迫と言ってもcore fearは人によって全く違いますので、同じ暴露儀式妨害法が有効ではないのですね。

また、洗浄強迫に付随する確認強迫や縁起強迫もありますし(例えば、他人に綺麗かを確認する、正確に手順を守るなど)、手を洗う以外の強迫行為がある場合もあります(例えば、頭のなかで理論的に強迫観念を打ち消そうとする)。

これらは、1時間くらいは最低でも話をきかないと分からないことなのです。

また適切なアセスメントをしたとして、暴露儀式妨害法の方法論というのは沢山あります。

特に典型的な洗浄強迫以外の暴露の方法は、意外に本に載ってなかったりします。これをアセスメントに対して行うまでが暴露儀式妨害法と言えます。

Pocket

カテゴリー: 強迫症(強迫性障害)