Pocket

今回は、専門家むけの内容です。

 

OCDにとって改善とは?

1.回復(病気ではない):Y-BOCSの点数が8点以下

2.寛解:Y-BOCSの点数が16点以下

3.治療にしっかりと反応した:35%以上,Y-BOCSの点数が減少

4.治療に部分的に反応:25-35%のY-BOCSの点数が減少

5.治療に無反応(治療抵抗):25%以下のY-BOCSの点数の減少

6.再発:十分な治療や寛解の3ヶ月後に、25%以上のY-BOCSの点数が上昇する。もしくは症状が復活すること

7.難治性:従来の治療法に対し、良くも悪くも反応がない。

 

Treating refractory obsessive-compulsive disorder: what to do when conventional treatment fails? SSRI,クロミプラミンの単剤によっても、40-60%のOCD患者は全く改善がないか、部分改善に留まる。

 

Drug treatment of obsessive-compulsive disorder

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3181958/

 

OCDへの治療における治療抵抗性を生み出す生得的な要因

・早発性であること ・ためこみ症、性的なもの、宗教的なもの、身体的なものに関する症状

・強迫観念に対する疑いが無い / 自我違和感がない

・感覚的現象 ・発症時に非常につよう症状がある

・チック症を合併している

・パーソナリティ障害を合併している OCDへの治療における治療抵抗性を生み出す外的な要因

 

 

Pocket

カテゴリー: 強迫症(強迫性障害)