Pocket

強迫症では、HIVに感染することが怖いという強迫観念に悩まされている患者さんも多いです。

HIVはAIDSを発病する原因となるウィルスです。性感染症として代表的なもので、感染者数も年々増加している傾向にありますが、未だその感染に関する正しい知識が広く浸透していないのが現状です。そのため、一部の強迫症を持つ人の中には、HIVに感染するのではないか?という漠然とした恐怖感を抱いてしまうものの、その不安を回避するための強迫行為が非常に不合理で非適応的なものになってしまっています。

どのような行為で感染するのか、感染しないためにはどのような対策が必要なのかといった正しい知識を学んでいきましょう。

 

HIVとは?

HIV(Human Immunodeficiency Virus)ヒト免疫不全ウィルスは、ヒトの体内でさまざまな病原菌・病原体からわたし達の体を守っている免疫細胞に感染し、増殖するウィルスです。自らを増殖させる力を持たず、ヒトの細胞に感染することで細胞を乗っ取り、細胞自体の起こす細胞分裂によって増殖していきます。

AIDS(後天性免疫不全症候群)は、このHIVに感染した結果、ヒトの体内で免疫機能に必要な細胞が徐々に減少してしまうことによって、免疫機能が低下し、普通の状態であれば感染することのない病気にかかるようになってしまう疾患です。AIDSの状態になった際に発症する代表的な疾患は23種あり、そのうちの1つを発症した時点でAIDSと診断されます。HIVに感染することですぐにAIDSを発症するのではなく、未だAIDSを発症せずにHIVに感染しているという状態であれば、HIV感染症と診断されます。

 

HIV感染経路に関する誤解と正しい知識

HIVに感染する経路として最も多いのは性行為による感染です。
HIVは、ヒトの血液や精液(カウパー液を含む)、膣分泌液、母乳などに多く分泌されます。健康な皮膚の上からこれらの体液に触れることで感染することはありません。しかし、傷口や粘膜から、HIVに感染した疑いのあるこれらの体液に直接触れることによって、感染する可能性が出てきます。

このことから、膣に陰茎を挿入するセックスや、膣や陰茎を口で舐めるといったオーラルセックス、肛門によるセックスが、最もHIV感染の可能性を高める行為であるといえます。陰茎や膣の内部も膜に覆われていますが、性行為の運動によって細かな傷がつき、そこからウイルスが侵入してしまいます。もしも、カンジダ症などの他の性感染症に罹患している場合に性行為を行うと、粘膜の炎症によって膣内や亀頭が傷ついているため、より感染の確率が上がってしまうことになります。現在では、HIVに感染した約8割の人が性行為による感染であることが分かっています。

また、血液からの感染では、輸血や注射器・注射針による感染があげられます。注射器による感染は、麻薬の乱用で注射器を共用で扱い、回し打ちをしてしまうことによって、感染者の血液からヒトの血管内にHIVが侵入してしまいます。

強迫症の人の中には、「タトゥーの入った人の触れたものを恐れる」という強迫観念を持つ人がいますが、これは入れ墨やタトゥーをつけた人=麻薬を使っていそうだという先入観=血液感染によるHIV感染者という決めつけが行われているものと思われます。

感染は医療現場でも起こり得ます。医療の現場では、医療従事者に対して安全で適切な注射針の取扱方法や廃棄方法が指導されていますが、これらの管理を誤った場合に針刺し事故が起きてしまいます。この場合、二時間以内に抗HIV薬を服用することによって感染の危険性を低下させる処置が行われます。

さらに母子感染では、母体がHIVに感染していた場合、出産時の産道からの感染や、母乳による感染、赤ちゃんが母親の胎内にいる間に感染する場合があります。しかし、この場合は、妊娠初期のHIV検査によって感染の有無を調べることができますし、万が一感染していた場合は、母子感染を防ぐために妊娠中の抗HIV療法が行われます。他にも適切に母子感染の予防対策が行われることによって、現在ではその感染率は0.5%にまで減少しています。

強迫症の患者さんによく見られる強迫観念として、HIV感染者かもしれない人が触ったものに触れると感染するのではないか?という恐怖や、赤いシミ(=血液のように見えるもの)に触ると感染するのではないか?というような、「漠然とした怖いイメージ」の恐怖が多いようです。また、キス(または舌を絡ませるキス)をすることで感染するのではないか?といった不安も見られます。

HIVはとても感染力の弱いウィルスで、その弱さのせいで人間の体の中にしか存在することができません。そのため、ひとたび体内から外に排出されてしまうと、その感染力をなくしてしまいます。例えば、HIV感染者の座った疑いのある便座に座っても大丈夫か?という問いに対して、それは健康な皮膚が触れても問題ないですし、その便器の中の水が皮膚に触れることによる感染もありえないということができます。

汗や尿、唾液や涙といった体液にもHIVは存在しますが、ヒトに感染させるだけのウィルス量には達していないため、これらの体液との接触による感染も起こりません。そのため、キスをしたり手をつなぐというような行為からHIVに感染するということは起こりません。インフルエンザウイルスのような飛沫感染も起こりえないため、咳やクシャミによる感染もありません。つまり、強迫症の人の回避行動として多く見られる「HIV感染者のいそうな場所を避ける」という行動は、もし仮にその場にHIVに感染した人がいたとしても、その人からの飛沫感染や、触れたものを通した間接的な感染が起こりえないということが分かるので、感染予防としては効果のない行動であることが分かります。

また、HIVがヒトの細胞内に侵入するためには、直接血液の中に侵入するか、粘膜や傷口を通して侵入するといった経路しかありません。人間の体の表面は、何層にも重なった皮膚によって守られています。HIVは、その健康な皮膚を通して侵入することができないため、HIVに感染した体液に手や指で触れたとしても、それによって感染することはありません。

赤くシミになっているようなものは、つい血液を連想してしまいがちですが、HIV感染の疑いのある血液に触れたとしても、その指が怪我を負っていなければ感染することはありませんし、一度体の外に出たHIVは感染力を失ってしまうということもあり、触ってしまっても問題はないといえるでしょう。

 

正しいHIV感染予防と強迫症

HIVに感染すると、およそ二週間~六週間ほどで、インフルエンザのような発熱に倦怠感、頭痛や筋肉痛といった症状が現れます。この急性期で体内のウィルスが急激に増殖しますが、患者本人の免疫が機能することで数週間のうちに症状は消失します。その後は目立った症状の見られない無症候期に入り、HIV検査を受けなければ自分が感染していると気づかないまま生活していくことになります。この期間の間に、HIV感染の状態でコンドームを付けないセックスをするなどして、他者にHIVを感染させてしまうことになるのです。

強迫観念と結びついてしまうのは、この無症候期があることから、一見して健康そうな人でもHIVに感染しているかもしれないと恐れたり、その感染者が触っているのかもしれないと恐れてしまうことにあるのでしょう。HIV感染は、正しい知識をもって対処していれば予防することが可能であるということを覚えておきましょう。

この無症候期は人によって数年から10数年続くこともあれば、感染して間もないうちにAIDSを発症する人もいます。HIV検査を受けて陽性であることが判明しても、抗HIV薬を服薬することによってウィルスの増殖を抑えたり、無症候期を維持したままAIDSの発症を抑えることができます。

しかし、強迫症の患者さんの中には、HIV感染を恐れるあまりにHIV検査を何度も何度も受け続けてしまうという強迫行為も多く見受けられます。HIV感染予防として、自分や大切な人を守るために、性行為を行うことを決めたならば、事前にHIV検査を受けるというのは大切なことです。ただ、たとえ陰性という結果が出たとしても、感染の恐れに関する強迫観念が何度も湧き上がってきてしまうことで、感染疑いの状態を消し去ろうと何度も検査を受け続けてしまうようになるのです。強迫症でHIV感染恐怖を抱える人にとって、自分がHIVに感染しているのかどうかを確認したいということが関心ごとの中心となるため、実際にHIV感染のリスクがある行動(性行為)をとっていないにも関わらず、HIV検査を繰り返し受けてしまうということが起こります。

HIV感染を防ぐためには、不特定多数とのセックスを避けることや、性行為そのものをしないと決めてしまうということ、また、セックスをする場合であれば、信頼のできる特定の相手と、コンドームを使った安全なセックスを行うように気をつけるということです。最近では安全なオーラルセックスのためのコンドームも販売されています。特に、腸管の粘膜は膣粘膜に比べて傷つきやすく、肛門性交によって感染する割合が多くなっているので注意が必要です。どのような場合の性行為であっても、コンドームという鎧で粘膜を保護することによって、お互いの感染を防ぐことができます。

強迫症の治療としては、その人の持つさまざまな形で現れるHIV感染に対する恐怖感と向き合い、その強迫観念が事実に即して本当に起こるかどうかを実際に調べてみる「行動実験」や 、その恐怖感に自分を少しずつ慣らしていく「暴露療法」が用いられます。予備知識として、必要以上に恐れたり間違った予防法で危険を冒してしまわないためにも、HIV感染について正しい情報を得て学んでおくことも、とても大切なことなのです。

Pocket