洗浄強迫の曝露のアイデア:スライム

強迫症(強迫性障害)

洗浄強迫症の方は、ベトベトなものが苦手になります。この苦手さの中には、「嫌悪」という感情が含まれていることが多いのです。今回は、この「嫌悪」を克服するヒントをいくつか考えます。

スライムってなに?

皆さんは、スライムをご存知でしょうか? ゲームのキャラクターではなく、ドロドロしたものです。緑色のバケツに入ったものがよく売れれていたと思います。

このスライムですが、最近は、10代の女性を中心として、非常に人気があります。というのも、このスライムを触った感触やスライムを使って音を出して遊ぶASMR(Autonomous Sensory Meridian Response:いわゆる音フェチ)が非常に人気なのです。例えば、youtubeを探すと、次のような動画があります。

【ASMR】優しいザクザク音!ミニホログラムスライム【音フェチ】Hologram Slime【SlimeTube】
【ASMR】世界初!?表面パキパキスライムの作り方【音フェチ】DIY Iceberg Slime【SlimeTube】

スライムで遊んでいると、「楽しい」という感情が生まれます。この「楽しい」が「気持ち悪い」を打ち消してくれるのです。

スライムの作り方

そんな、スライムの作り方ですが、意外と簡単につくれます。ドラッグストアにいき、スライムを作りたいのですがというと、作る材料を教えてくれます。基本的な材料は2つです。

  • 洗濯のり(PVAが入っているもの)
  • ホウ砂

両方とも、多くのものは、パッケージに「スライム作りにも」と明記してあります(下の図参照)。

これに、色を付けるために水性絵の具を入れます。作り方は、

  1. のり100mlを水100mlに溶かす。
  2. 1で作った液にに絵の具や食紅などで色を付ける
  3. ホウ砂4gmを水50mLに溶かす
  4. 洗濯のり液にホウ砂液を少しづつ加えながらかき混ぜる。全部は入れなくて大丈夫です。

スライムでの遊び方

遊び方も、大切なのですが、まずは作るというのが大事です。作ることで愛着がわきます。愛着がわくと、「嫌い」ということがなかなかおきないからです。

スライムができがったら、まずはこねてみたり、もんでみたりと遊んでみましょう。音をとってもいいと思います。そうしていく内に、ベトベトしている感覚になれていきます。


タイトルとURLをコピーしました