Pocket

時々、当事者の方から、エクスポージャーをしてみたけれど、全く苦痛じゃなかった、どうしたらいいですか?と聞かれます。

例えば、汚いものに触るのが苦痛だと思っていますと患者さんがおっしゃったとして、じゃあ床に触ってみましょうと言うと、床に触れたりします。しかも、何の苦痛もなく。

そして、その手で顔を触ってみましょうと言うと、それも平気… 手洗いが多いのになんでー?と患者さんは、思ったりします。

強迫性障害は、かなり多様性がある病気です。洗浄強迫であっても、その表れ方はかなり違います。

患者さんと話す中で、何が本当に嫌なのかを詰めていきますが、会話で話を詰めていっても究極にはわからないことがあります。

体験しないとわからないのです。

さて、こういう場合はどうするかと言うと、沢山エクスポージャーをしてみます。

色々な刺激に直面すると、様々な条件が見えてきます。

例えば、触った手で色んな場所に触るのが嫌、自分が大事にしているものに触るのが嫌、体内に入りそうな場所に触る(例えば、箸やコップ)などです。

実は、この条件が分かっていないとエクスポージャーをしても苦痛がでないエクスポージャーが起こります。

エクスポージャーが上手くなるには、この良いエクスポージャーと駄目なエクスポージャーを両方行う必要があります。
エクスポージャーをしたときに苦痛がでないエクスポージャーは駄目なエクスポージャーです。
しかし、駄目なエクスポージャーをしないと良いエクスポージャーが分かりません。

最初は、治療者と一緒に探すのがベストです。
強迫性障害をしっかりと見ておられる方は、色々なパターンを提示してくれるはずです。
自分でやる場合は、手当たり次第にエクスポージャーをしてみることもひとつの方法です。

 

 

Pocket

カテゴリー: 強迫症(強迫性障害)

関連記事

強迫症(強迫性障害)

洗浄強迫とは?

手洗い・洗浄をくりかえす「洗浄強迫 / 不潔恐怖」 洗浄強迫は、洗浄行 続きを読む …

強迫症(強迫性障害)

OCDに関連する論文紹介

今回は、専門家むけの内容です。   OCDにとって改善とは? 続きを読む …

強迫症(強迫性障害)

強迫症の認知理論:考え方の癖

強迫症にも、考え方(認知)の問題があることが知られています。 責任と脅 続きを読む …