Pocket

強迫性障害には、非常にサブタイプが多いです。今回は、その中でも比較的多い強迫性障害です。

 

これは、一見、ただの悩みのように見えます。

よくあるのは、「元のように頭の回転がいい状態には戻れないんじゃないか?」「あの頃のように、すっきりした感覚にならないんじゃないか?」

などのような雑念が非常に湧いてきます。

雑念強迫・純粋強迫観念とも言ってもよい状態です。

 

この状態は、目に見える強迫行為はありません。誰かに確認したりすることはあります。

しかし、ずっとこの強迫観念が頭から離れないのです。

 

雑念強迫・純粋強迫観念の方では、このような「反すう」と呼ばれる現象がずっと起こっている方がいます。

 

このような方には、雑念が浮かんでもそのままで行動する、雑念の内容を受け入れるように曝露反応妨害法を行っていきます。

 

Pocket

カテゴリー: 強迫症(強迫性障害)

関連記事

強迫症(強迫性障害)

洗浄強迫とは?

手洗い・洗浄をくりかえす「洗浄強迫 / 不潔恐怖」 洗浄強迫は、洗浄行 続きを読む …

強迫症(強迫性障害)

OCDに関連する論文紹介

今回は、専門家むけの内容です。   OCDにとって改善とは? 続きを読む …

強迫症(強迫性障害)

強迫症の認知理論:考え方の癖

強迫症にも、考え方(認知)の問題があることが知られています。 責任と脅 続きを読む …