Pocket

パニック障害の方のご相談を最近、うけることが増えてきました。

パニック障害の治療は、まずはSSRIなのですが、SSRIを飲んでいらっしゃらない方も多いです。その理由としては、副作用が出るというものです。

確かに、薬物は副作用がでるものです。しかし、パニック障害の方は身体感覚に対する過敏性から、副作用かもしれないと早く判断して、服薬をやめてしまう場合もあります。

副作用ではない、身体的な不調でも副作用かも…と気になってやめてしまうのです。

SSRIの効果は、出るまでに2週間かかります。2週間の服薬を待たずに、薬は効果がないと服薬をやめてしまう方もいます。

 

パニック障害の治療は、まずは薬物療法(SSRI)でパニック発作を消失することを目指します。その前提がなければ、エクスポージャーはかなり辛いものとなってしまいます。

パニック発作が起きると、次のパニック発作が起きやすくなることも分かっています。

また、残遺症状と呼ばれるような多汗、息切れ、離人などの症状も出てきます。パニック発作は、発症当時の影響はなくなるのですが、発作の波は形を変えて襲ってくるのです。

パニック発作が完全に止まってしまえば、エクスポージャーはかなり楽に進みます。

ad_panic

Pocket

関連記事

認知行動療法

パニック障害の症状_ビデオ

パニック障害の概論的な説明です。  

強迫症(強迫性障害)

ADHDの不安障害・強迫性障害に暴露する場合

今日の話は、少し専門的です。   社交不安障害、強迫性障害、 続きを読む …

強迫症(強迫性障害)

選択的強化から強迫性障害・不安障害の家族対応方法を考える

これは、前回の続きになります。 参考:行動分析から強迫性障害・不安障害 続きを読む …