Pocket

パニック障害の方は、繰り返されるパニック発作のために、否が応でも日常生活の中でパニック発作を気にして生活するようになります。

パニック発作が出てしまうと、早く安全な場所に非難しないといけないため、「逃げられない」ということに対してとても感度が高いのです。

言い方を変えれば、無意識に常に先を読んだ行動をしてしまうのです。そして、実際にこの逃げられないという感覚がトリガーとなってパニック発作を起こす方もいます。

パニック障害の方の性格傾向としては、忙しい方が多い印象があります。アクティブに動き回っているというイメージです。もっとも、そうではない方もいらっしゃいます。

しかし、アクティブな方は、やはり先を読んで機敏に行動されるので、この種の予期不安の影響をもろに受けるのではないかと思います。

似たようなことはパニック障害の権威の貝谷先生もおっしゃっていました。

 

ad_panic

Pocket

関連記事

認知行動療法

パニック障害の症状_ビデオ

パニック障害の概論的な説明です。  

パニック症(パニック障害)

パニック障害とSSRI

パニック障害の方のご相談を最近、うけることが増えてきました。 パニック 続きを読む …

強迫症(強迫性障害)

ADHDの不安障害・強迫性障害に暴露する場合

今日の話は、少し専門的です。   社交不安障害、強迫性障害、 続きを読む …