Pocket

自己臭恐怖とは、自分から変な臭いがしているのではないか? それが周囲の人に気づかれて、変なふうに思われるんじゃないか? という信念が拭い去れない病気です。

多くは、思春期に発症し、自然寛解していくことが多い印象を受けます。
中には、「臭いがしているのかも」ではなく、「臭いがしている」とはっきり言われる人もいます。
一種、妄想的であったりすることもあります。
しかし、一般的には神経症レベルで留まるような印象があります。

この自己臭恐怖は、社交不安障害のニュアンスを持っている場合があります。
なぜなら、臭いがするだけでは困らないからです。

例えば、昨日の夜ににんにくが効いた餃子を食べたとして、次の日も普通に仕事をしたり、「あっ、お前餃子食べたな」と言われたりするけれど、日常生活は困らない人もいます。

自己臭恐怖の人は、臭いがすることに困る人たちとも言えます。

不思議なことに、自己臭恐怖は嫌な臭いだけではありません。良い匂いの時もあります。
しかし、その良い匂いを自分が出していると悟られないか怖いのです。

思春期の場合は、ある程度、認知療法等で対応していくうちに、治っていくような気がします。

一方、慢性化している場合は、社交不安障害等も視野に含めてエクスポージャーをしていく必要があります。

ad_CBT

Pocket

カテゴリー: 恐怖症・嘔吐恐怖症

関連記事

恐怖症・嘔吐恐怖症

ミソフォ二ア(音嫌悪症)

ミソフォ二アとは 不快な生活音というのは、人によって様々ですが存在しま 続きを読む …

ためこみ症(強迫症)

トライアルカウンセリング

リソルサでは、以下の問題に対するトライアルカウンセリングを実施していま 続きを読む …

強迫症(強迫性障害)

選択的強化から強迫性障害・不安障害の家族対応方法を考える

これは、前回の続きになります。 参考:行動分析から強迫性障害・不安障害 続きを読む …