Pocket

強迫症とは?

強迫症(強迫性障害)とは、特定の行為が止めたいのに止められない病気です。手洗い、確認、心の中でのお祈り、左右対称にする、数を数える、本を読みなおす等様々な症状があります。

 

強迫症の治療はどうするのか?

強迫症の治療は、薬物療法と認知行動療法の二つの柱で行います。薬物療法は主にSSRIと呼ばれるタイプの薬が用いられます。認知行動療法は、自分が嫌なこと・避けていることをあえてしていく治療法です。現在のところ、薬物療法と同等の効果があることが分かっています。

 

強迫症はなぜ治らないのか?

強迫症は、適切な治療をすれば、かなりの確率で寛解する病気です。特に薬物療法と認知行動療法をしっかりと行えば、仕事もできる状態まで改善します。しかし、薬物療法だけの治療では限界があるため、実際は薬物療法と認知行動療法の両方をしっかりと行う必要があります。

多くの強迫症患者の方は、強迫行為を我慢しようとします。なぜなら、強迫行為が苦痛で止めたいと思うからです。しかし、我慢しきれなくなって強迫行為をしてしまいます。実は、強迫行為を我慢する方法では、多くの場合は治りません。

また、強迫観念を打ち消す考えを探す方も多いです。例えば、「公衆便所は綺麗なのか?」「確認しなくても大丈夫なのか?」などの理由を考えたり、周囲に聞いたりして、なんとか打ち消そうとします。しかし、これも上手くいきません。安心しようという方向で治療をしてもよくならないのです。

認知行動療法は、強迫行為を我慢するだけの治療でもありませんし、安心する方法を身につける方法でもありません。

 

どうしたら強迫症は治るのか?

まずは、強迫症に対する正しい知識を身につけることが必要です。そして、正しい認知行動療法の方法を学んでいく必要があります。初期のカウンセリングでは、自分の症状にあわせて、強迫症を理解したり、どのような認知行動療法をしていけばいいのかを学んでいきます。

 

 

家族の方には?

私は、家族からの相談もよくうけます。本人が認知行動療法をしたくない、引きこもり状態にあるなどの相談が多いです。この場合、家族に本人のやる気を出してもらうコミュニケーション方法を学んでもらいます。

 

更に詳しい治療法の説明は、こちら

治療をご希望のかたは、こちら

強迫症の記事リストは、こちら

 

Pocket

カテゴリー: 治療の流れ

関連記事

治療の流れ

強迫症の認知行動療法 mobile

こんな疑問を持っていませんか? Q. どうして、強迫行為がやめられない 続きを読む …